絵のない絵本。ことばと音によるオリジナルステージ「おはなしらんど」のプラスドリーム

ことばと音によるオリジナルステージ「おはなしらんど」のプラスドリーム

新着情報(おはなしらんど2011子どもたち)

2011おはなしらんど 子どもたちの練習風景

今年のおはなしらんどに出演するこどもたちのオーディションの様子から現在までの練習風景をお知らせします。

オーディション

今回、子どもたちが出演するプログラムは「くまのこうちょうせんせい」。
実話を基にしたこのお話は、"命の大切さ"をテーマにした絵本を題材に、子どもたちが言葉や歌を使ってその時の気持ちを表現します。

このプログラムに参加するのは11人の子どもたち。
画像の説明

7月に行われたオーディションで見事出演権を獲得した実力の持ち主たちです。
画像の説明

オーディションでは一人ひとりが歌を歌うシーンあり、自分を表現するシーンあり。

少々緊張気味の子どもたち。

審査員の先生たちも一人ひとりの個性に目を光らせます。
画像の説明

そして、

合格発表!

オーディションという一つの壁を突破した子どもたち。お母さんともにほっとした表情です。

これから始まる本番に向けての厳しい練習に、少々の不安と大きな期待を胸に歩き出しました!

練習風景

おはなしらんどの練習は意外とハードです。先生たちも本気で子どもたちに思いをぶつけるので、それに応じる子どもたちにも集中力が必要とされます。
画像の説明

舞台で表情がイキイキできるようにアドバイスをもらいます。
画像の説明

先生が上手に伝えるちょっとしたアドバイスをグングン吸収して自分の表現に変えていく子どもたち。
画像の説明

表情が変わり、声が大きくなり、自信がついていく過程を見ることができました。
画像の説明

さあ!本番まであと少し。
画像の説明

この夏、立派に成長したこどもたちの姿をぜひ見に来てくださいね♪
画像の説明

9月19日、長崎ブリックホールでお待ちしています。
画像の説明

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional